PAGE TOP
資料請求
お問合せ
tel.027-329-6822 9:00~18:00/日曜定休

Menu

手洗・洗面
NEW!
LINEUP
▶ 取り扱い一覧
ステンレス製流し台
ステンレス製流し台
ステンレス製流し台
ステンレス製流し台
人工大理石流し台
人工大理石流し台
ポストフォーム洗面カウンター
ポストフォーム洗面カウンター
人工大理石製洗面カウンター
人工大理石製洗面カウンター
人工大理石製洗面カウンター
人工大理石製洗面カウンター
POINT
▶ 手洗い・洗面選びの大切なポイント
ポイント1

材質について

ポイント2

流し台の形状

ポイント3

シンクの種類

材質について
手洗い流し台及び洗面カウンターを考えるにあたり、シンクつまり流しとなる部分の 材質をステンレスにするか、陶器製のものにするかあるいは、人工大理石製にするか の3タイプに分かれると思います。 それぞれの特徴はこんな感じです。  →比較図
  見た目・デザイン 色の豊富さ 加工のしやすさ 価  格
ステンレス製 ×
陶器製 ×
人工大理石製
流し台の形状
流しを支えるのは、「台」=キャビネットタイプか、ブラケット止めタイプのどちらがいいのでしょうか?
それぞれの特徴をみていきますと、キャビネットタイプの良いところは、給水などの配管が隠せること。
それと、わずかながら収納スペースがあること。

もう一方のブラケット止めタイプは、配管はそのまま見えてしまいますが、下は空間(スペース)がありますので、流しに対して身体をぐっと近づけることが出来ます。
ですので、お年寄りの方や、車椅子の方などは非常に使いやすいです。→図
キャビネットタイプ ブラケットタイプ  
キャビネットタイプ ブラケットタイプ  
シンクの種類
洗面カウンターを選定する上で、意外と忘れがちなのが流し(洗面器)部分をカウンターの上から被せる(オーバーシンク)のか、それとも下から押さえつける(アンダーシンク)にするかどちらにするかです。
それぞれの特徴は、オーバーシンクですと、水漏れがしにくいがカウンターとフラットにはならないので、わずかですが不便を感じることがあります。

もう一方のアンダーシンクは、カウンターの下から流しを押さえつけているので、そのすき間部分から雑菌が繁殖したり、または水漏れする可能性があります。
ですが、カウンター自体はフラットになっているので見た目もすっきりしていて使いやすいです。
まさに一長一短なので、選ぶとしたら使う方の好みの問題でしょうか。

しかし、アンダーシンクでもオーバーシンクでもないものがあります。
それは、カウンター 一体型シンクです。
見た目はアンダーシンクですが、通常のアンダーシンクと違い、カウンターと流しをシーム加工で繋いであるので、すき間がありません。
なので、先に言ったような雑菌の繁殖や水漏れもありません。
見た目とても良いので、トイレ洗面カウンターには非常にお勧めです。 →図
オーバーシンク アンダーシンク カウンター 一体型シンク
オーバーシンク アンダーシンク カウンター 一体型シンク
SIDE STORY
▶ もっと知りたい手洗い・洗面の話
見落としがちな配管。臭いや汚水の原因に建物の老朽化と共にチェックを!
「風邪予防のために、手を洗い、うがいも必ず洗いましょう。」
いつ頃から言われ始めた言葉でしょうか?
私が生まれた昭和の時代にはあまり聞いたことがなかった気がします。
おそらく平成の時代になってから、病気の予防について研究し、お医者さんや学校の先生たちまたは母親たちが言ったのが始まりではないでしょうか?
このように手洗い流し台は生徒や先生方あるいは人々の健康維持のために欠かせないものなんですね。

そんな日常生活にかかせない流し台ですが、以外と目にふれないのが設備配管のです。
築何十年もたっている校舎などでは、大規模な改修工事がない限り、流し台の入れ替えはもとより、設備配管までそのままというケースが多いのではないでしょうか。
何を言いたいかと言うと、せっかく地域の浄水場できれいに保たれた水が、古い設備配管のせいで臭いがしたり、配管がつまって汚水が流れ出るなんてことも少なくないそうです。
建物の老朽化と同様に設備配管も古くなりますので、築20年以上の校舎については、流し台と同時に配管も新しく取り替えることが必要なのだと思います。

余談ですが、お茶で有名な静岡の学校では、水道の蛇口からお茶が出る水飲み場があるそうですね。
うそみたいな話しですが本当の話しです。
その学校は、島田市第一小学校。幼い頃からお茶に親しんでもらい、茶業振興に繋げていこうという島田市教育委員会関係者らの考えによるもとのことです。
それに、お茶には殺菌作用があるのはご存じの通り、風邪の予防にもいいそうですから、この学校の生徒は、きっとみんな風邪もひかず健康な子が多いのでしょうね。
FAQ
▶ よくある質問
ステンレス流し台のシンクのW(幅)はどれくらいの大きさまで製作可能ですか? 
シンクの大きさにもよりますが、3000㎜程度までは製作可能です。
お年寄りや身障者の方でも使いやすい流しはありますか?  
洗面カウンターのブラケットタイプでしたら、お年寄りの方や車椅子の方でも使いやすいです。病院や老人施設などでもよく見かけますね。   
小学校で使用する手洗い流し台について低学年と高学年の身長差がありますが、全ての生徒が使いやすい高さで使うにはどうしたらいいでしょうか?
低学年、中学年、高学年の教室の階数ごとに流しの高さを3タイプに分けて考えたらいかがでしょうか?
流し台の蛇口から水が出ない、または水漏れする場合は対応してくれますか?   
当方で納めた流し台でしたら、責任持って対応いたします。それ以外の場合については、お近くの水道設備業者さんにご連絡してください。  
流し台を清潔に保っておきたいのですが、どうしたらいいですか?
仕様後にきちんと清掃しておくのが一番いい方法です。流しの手の届くところに雑巾を常に用意していて、使い終わったら、すぐに拭いておく。水はねしたままの流し台では見た目も悪いですし、腐食の原因にもなります。    
今使っている流し台を同じ大きさ・同じデザインでそっくり新しいものに取り替えたいのですが、製作できますか?  その際、廃棄処分もしてくれますか?    
はい。可能です。撤去及び廃棄処分につきましても対応可能です。(ただし、廃棄処分費は有料となります。)  
CONTACT

▶ まずはお気軽にご相談ください!